歯磨きが大変

歯が痛む女性

私の矯正治療体験や感じたこと

私は子供の頃から歯並びが悪く、歯を出して笑うのが嫌いでした。上の前歯の二本の両側の歯は奥に引っ込み、右側の犬歯は八重歯でした。下の歯は斜めや奥に引っ込む等、全く揃っていませんでした。噛み合わせも悪く、虫歯にもなっていました。 小学生の頃は学年に一人か二人、歯に矯正装置を付けていた人が居ましたが、笑うと銀色の針金が見えて何だか不気味でした。 何年もそんな装置を付けて学校に通ったとは、自分が矯正装置を付けるまで矯正治療中の人の気持ち等全く想像出来ませんでした。私が矯正治療を考えたのは、大学四年になってからでした。 私の弟が私より早くに矯正治療をしていたので、治療の様子等が詳しく分かったので私もやる気になりました。

就職活動中に悲しい思いをした体験

私は裏側矯正を希望したのですが、装置を付けている時は歯磨き等手入れをするのが大変で虫歯になりやすいからと、医師から裏側矯正は反対されました。私は表側に装置を付けて居たのに前歯の歯間が虫歯になってしまいました。表側も裏側も磨くのは同じだから虫歯になる確率も同じでは無かったのかと未だに疑問でした。就職活動の面接で、矯正治療の装置はいつ取れますかと良く聞かれました。私は本当に外れる期日より早い日にちを答えてしまいました。この時程、裏側矯正にしたら良かったと後悔した日は有りませんでした。 人前に出る仕事で、笑顔が大切だから矯正装置は問題なのかなと感じました。 きちんとケア出来るなら、目立たない裏側矯正はオススメです。